イワタニ 水素エネルギーハンドブック
5/40

5水素エネルギー社会の実現へ向けた「水素基本戦略」が決定されました「水素基本戦略」のポイント2017年12月、世界に先駆けて水素社会を実現するための「水素基本戦略」が政府から発表されました。将来目指すべき水素エネルギー社会の姿や、目標として官民が共有すべき方向性・ビジョンが示され、2050年までを視野に入れた2030年までの具体的な行動計画が盛り込まれています。基本戦略では、ガソリンやLNGなどの従来エネルギーと同等程度の水素コストを実現するための水素の生産から利用までの政策目標を提示。水素をカーボンフリーなエネルギーの新たな選択肢として位置づけ、安全保障の確保と温室効果ガスの排出削減の課題を同時進行で解決するとともに、水素利用において世界をリードし、世界に先駆けて水素社会を実現することなどが掲げられています。■ 低コストな水素利用の実現 2030年ごろに30円/N㎥程度の水素価格の実現を目指す。将来的に20円/N㎥程度までコストを低減。■ 国際的な水素サプライチェーンの開発 液化水素は、2030年ごろの商用化に向けて2020年代半ばまでに商用化実証を実施。■ 国内再エネ由来水素の利用拡大と地方創生  ●国内再エネ由来水素の利用拡大   水電解システムは、2020年までに5万円/kWを見通す技術を確立。2032年ごろには商用化を、将来的に輸入水素並のコストを目指す。 ●地域資源の活用及び地方創生■ 電力分野での利用   2030年ごろの商用化を実現し、17円/kWhのコストを目指す。水素調達量は、年間30万t程度(発電容量で1GW)を目安。将来的には環境価値も含め、既存のLNG火力発電と同等のコスト競争力を目指す。水素調達量は、年間500万~1,000万t程度(発電容量で15~30GW)を目安。 ※当社の液化水素製造プラント3カ所での年間製造能力は1億㎥ = 約9,000t水素基本戦略のシナリオ現状20202030将来目指すべき姿水素量0.02万t0.4万t30万t(商用サプライチェーン規模)~1,000万t+α(発電での消費量に大きく依存)コスト(ステーション価格)~100円/N㎥(ステーション価格)30円/N㎥(1/3以下)20円/N㎥(1/5以下)発電利用(技術開発段階)17円/kWh(商用段階)12円/kWh(ガス火力発電を代替)モビリティ水素ステーション100カ所160カ所900カ所相当収益性向上によりガソリンスタンドを代替FCV2,000台4万台80万台FCスタックの技術進歩・低コスト化によりガソリン車を代替FCバス2台100台1,200台FCフォークリフト40台500台1万台FCV/ステーション自立化※2020年代後半

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る