イワタニ 水素エネルギーハンドブック
15/40

〈水素のさまざまな用途〉ロケット燃料金属冶金電子部品ガラス・光ファイバー太陽光パネル純水素型燃料電池コージェネFCVFCバス半導体アンモニア製造石油精製・石油化学製鉄所FCフォークリフト水素は多くの産業用途で利用将来需要増が期待される水素のエネルギー利用発電15Q&A燃料電池編Q&A燃料電池自動車編Q&A家庭用燃料電池編Q&A水素エネルギーの基礎知識編今は発電用燃料として注目が高まっていますが、もともと水素は隠れた万能選手。その強い還元力を発揮して、多くの産業分野で活躍しています。石油コンビナートでは原油に水素を吹き込んで硫黄分を取り除き精製、石油化学分野ではプラスチックなど樹脂生成の添加剤として、製鉄所ではステンレス鋼などの表面をピカピカにする光輝焼鈍用の添加剤として、水素が大量に利用されています。半導体ウエハー、太陽電池シリコン、液晶・プラズマディスプレイ、光ファイバーなどの製造には、還元用の雰囲気ガスやキャリアガスとして、高純度の水素が不可欠です。身近なところではマーガリンや口紅などの油脂を固める添加剤としても水素が活躍しています。また、カーエレクトロニクスや省エネ家電、携帯端末などに不可欠なパワー半導体の製造分野でも、今後水素の需要が増えるでしょう。こうした水素の利用は、多くが自家製造・自家消費。石油化学プラントや製鉄所では、自社で付随的に発生する水素を自家使用しています。国内で販売される水素は年間約1.4億㎥ですが、自家消費分を合算した日本の水素市場は150億㎥程度になるとみられます。燃料電池だけでなく、石油・化学・金属・ガラス・食品まで、あらゆる工業用途に使われています。水素はどんなところで使われているの?Q3A

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る