言語を選択してください日本語ENGLISH

缶砕名人Jr.
→お問い合わせ

 カセットこんろ用のカセットガス缶や殺虫剤、化粧品等のエアゾール缶は、その利便性から広く普及しています。しかし、完全に使い切らずに廃棄することにより、廃棄物処理施設等で缶を破砕、プレスする際、火災・爆発等の事故が発生し、大きな問題となっています。
処理能力 300〜400缶/hr
処理前
処理後

●装置の概要
本処理装置は、不活性ガスである窒素雰囲気下で缶に穴を開け、残留するLPガスや可燃性の噴射用ガス、エアゾール缶残液及び処理缶を効率よく分離し、ガスは燃焼処理、液は回収、処理缶はスチールやアルミ資源として回収する装置です。
●特長
   残留する可燃ガスを不活性ガス(窒素ガス)を用いて、安全に処理できます。
   缶のサイズや厚み、形状を問わず、処理が出来ます。
   処理した缶は、既存の選別機、プレス機等で成型、リサイクルが可能です。