岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
ホーム会社情報>トップメッセージ
会社情報
企業理念・コンセプト
トップメッセージ
会社概要
アクセス
イワタニ企業倫理綱領
拠点
グループ会社
沿革 
コマーシャルのご紹介
 
 
トップメッセージ

「世の中に必要とされる企業」であり続けるために 新たな価値の創出に努め社会に貢献していきます

1930年の創業時より、岩谷産業は「世の中に必要な人間となれ、世の中に必要なものこそ栄える」という企業理念のもと、暮らしや産業に多様なガス&エネルギーをお届けしています。
その根底には、これからの世の中が必要とする新しい価値を創造することで、社会に貢献したいという思いがあり、それが事業推進の大きな原動力になっています。

2000年度からの5次に亘る中期経営計画では、「ガス&エネルギー」を中核事業として構造改革を推進した結果、収益力並びに財務体質が大きく改善しました。
2016年度よりスタートした3ヵ年の中期経営計画PLAN18では更なる事業拡大に取り組み、その結果、2017年度には3期連続で過去最高益を更新し、PLAN18で掲げていた経営数値目標(経常利益240億円、ROA5.5%以上、ROE10.0%以上)をすべて前倒しで達成しました。
2018年度には新たな中期経営計画PLAN20を発表しました。テーマは「進化」と「創造」、基本方針を「成長戦略の推進」と「経営基盤の拡充」とし、持続的な成長と企業価値の向上に取り組んでいます。

当社は1941年から水素を究極のクリーンエネルギーとして捉え、水素エネルギーの普及に向けた歩みを進めてまいりました。「住みよい地球がイワタニの願いです」をスローガンに、水素の利活用を通してCO2フリー社会を実現することで、環境問題という社会的課題の解決を目指しています。
また、世界のエネルギー関連企業が中心となって発足したHydrogen Council(水素協議会)に主要会員として参画し、グローバル規模で水素利用促進に向けた活動も行っています。
水素の新たな需要創出については、燃料電池自動車(FCV)の普及に向けて水素ステーションの整備を進めています。FCVの普及が先行する米国カリフォルニア州にも整備を拡大し、将来的には同州での液化水素製造も視野に入れています。
CO2フリー水素の取り組みについては、運搬船による実証に取り組んでいる豪州からの液化水素の大量輸送・貯蔵プロジェクトや、再生可能エネルギーによる発電で水素を製造する「福島新エネ社会構想」にも参画しており、2020年2月から「福島水素エネルギー研究フィールド」の稼働が開始しました。また、同年12月には、水素分野におけるグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進する新たな団体「水素バリューチェーン推進協議会」を設立するなど、水素社会の構築・拡大に向け、様々な取り組みを進めています。

一方で、当社の主力であるLPガス事業は全国320万世帯の顧客がその事業基盤になっています。このネットワークにAI・IoT技術を活用し、顧客への新たなサービスを創出する「イワタニゲートウェイ」構想は、現在は実証段階を迎えており、実現に向かっています。

来るべき100周年、そしてその先への飛躍に向けて、これからもすべてのお客様、株主・投資家の皆さま、お取引先、地域の方々、そして社員に新たな価値を提供し続け、“進化する総合エネルギー企業”として持続的な成長を目指していきます。

 

代表取締役会長 兼 CEO
牧野明次

代表取締役 社長執行役員
間島寛