岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
ホームイワタニコラム>産業ガス・機械分野
イワタニコラム
イワタニコラムトップ
エネルギー。生活分野
産業ガス・機械分野
マテリアル・エレクトロニクス分野
 
 
産業ガス・機械分野
 
社会活動を陰で支える産業ガス

産業ガス(工業ガスとも呼ばれる)とは総称で、実際はたくさんの種類がありイワタニの創業以来の事業でもあります。LPガスや都市ガス(天然ガス)などのガス体エネルギーと、混同されることが多いのですが、燃えなくとも社会に役立つガスは、さまざまに存在します。しかし、一般の方々にはなかなか接点がなく、その素晴らしい役割が理解されていないことも事実です。実は、食品、農業、鉄鋼、自動車、金属加工、素材開発、医療・製薬、半導体や液晶、太陽電池、光ファイバー製造など、ハイテク分野やナノテク、新エネルギーや航空宇宙開発、各種研究分野まで、利用されていない産業はないほど、幅広く産業ガスは利用されているのです。イワタニは、これらのガスを、ガス機器、ガスアプリケーション技術、過去の知見・実績を駆使して、さまざまな製品の生産性や品質、環境性の向上、合理化、省エネ、環境保全に貢献しています。

産業ガスの分類

産業ガスは、性質で分類することができ、その性質を2つ以上持つものもあります。水素やアセチレン、アンモニアといった"可燃性ガス"、酸素や亜酸化窒素、塩素といった"支燃性ガス"(それだけでは燃えず、燃焼を助ける性質)、窒素、アルゴン、液化炭酸ガスという"不活性ガス"、塩素や亜硫酸ガス、アンモニア、酸化エチレンなどは"毒性ガス"、半導体などに使われるモノシラン、ジシラン、アルシンは"特殊高圧ガス"と法律でも分類されています。さらに、用途に応じて、2種類、3種類以上のガスを混合した"混合ガス"や、分析や検査の指標となる"標準ガス"も含めるとその数は無限大といってもいいでしょう。これらのガスの物性や、条件に応じた働きの変化を熟知し、最適な装置や供給系、保安管理や使用後の処置を提案できて初めてそのガスの持ち味を生かした利用が可能になります。イワタニは、これらのガス製造・販売を総合的に行うメーカーであり、特殊なガスも海外まで広がる豊富なネットワークで調達する能力で高く評価されています。また、これら高圧ガスを熟知した一般高圧ガス製造責任者、販売主任者など国家試験有資格を保有する多数の社員が、ガスを活用したさまざまな提案を行っています。

製造供給技術とガスエンジニアリング

酸素、窒素、アルゴンは、空気分離して製造されます。大規模に製造するために、深冷分離プラントを建設し、空気を効率的に多段階に冷却し、ガスそれぞれに異なっている沸点差で分離製造していきます。イワタニはこれら空気分離ガス(セパレートガスとも呼びます)の製造拠点を、イワタニグループとして日本各地に持ち、ローリー、液化ガス可搬式容器、高圧ガスシリンダー(容器)などの輸送形態で高圧ガスと液化ガスのカタチでお客さまに供給しています。使用量や条件に応じて、お客さまの工場に直接オンサイトプラントを建設したり、分子篩炭(ぶんしふるいたん)を応用し空気から圧力変化で窒素ガスを製造するPSA製造装置を納入することも多くなっています。ガスエンジニアリング、プラント建設能力でも、国内から海外まで、ガス警報器はじめガス保安機器、ガス精製回収装置、ガス除害装置までの一貫した技術力で、多数の実績を誇ります。空気分離ガスだけでなく、水素・液化水素、液化炭酸ガス、液化ヘリウム、アセチレンガスなど特殊ガスの製造でも日本屈指の製造規模を展開。特に水素では、日本の宇宙ロケットの燃料供給で先駆的な役割を果たし、水素のパイオニアとして確固たる地位を産業界に築いています。経済産業省管轄のJHFC(水素・燃料電池実証)プロジェクトにも参画し、国内にさまざまなタイプの水素ステーションを建設したり、福岡水素戦略(Hy-Lifeプロジェクト)の協働企業として、水素タウン・水素ハイウェイなどの具現化に取り組んでいます。また、福岡の水素エネルギー製品研究試験センター事業に参画するなど、研究や事業で他社と多角的なアライアンスを進め、究極のクリーンエネルギー・水素エネルギー社会の早期実現のために努力を続けています。

新ガス開発とガスアプリケーション技術

商社として分類されることもあるイワタニですが、独自の研究拠点・中央研究所を保有するなど、ユニークな研究開発体制を持っています。ここでは、営業部門と密接に連携し、顧客ニーズから、さまざまなガス&エネルギーのソリューションを生み出しています。新しいガスの開発もその一つ。半導体製造は歩留まり向上、生産性向上が最大の課題でクリーニングプロセスは必須技術になっており、CVD(成膜)用クリーニングガスClF3(三フッ化塩素)の用途開発・商品化に成功、日本のみならず海外にも輸出しております。分解しやすく高濃度化や液化することは、ほぼ不可能と思われていたオゾンガス。高い酸化力や未知のポテンシャルを秘めた液化オゾンの製造に成功し、その色が深いブルーであることを確認したのもこの研究所の研究成果です。当社はさらに安全性の観点より濃縮による高濃度オゾン製造にも取り組み、この高濃度オゾン技術を利用し、金属のオゾンパッシベーション®(不動態化処理)やオゾンを充填したシリンダー販売も開始されております。更に高濃度オゾンの半導体分野の酸化、オゾン脱臭などさまざまな用途拡大の可能性を探求しております。
ガスの応用技術・アプリケーションを実現する数々のガス応用機器の開発製造の役割も担っています。食品の瞬間凍結装置、鉄の改質、純酸素バーナー型回転式溶解炉、酸素活性汚泥処理設備、燃焼式排ガス除害装置、フッ素リサイクルシステム、オゾン金属表面酸化処理技術、ビーズドライ応用機器、スノードライ(雪状ドライアイス)生成装置・スノーシャワー、溶接用混合ガス・シールドマスターシリーズの開発などなど、枚挙にいとまがないほど多彩なガス応用機器、ガス応用技術が生み出され、絶えず改良されています。

ガスとFA・機械設備

工場に欠かせないロボットや自動化生産ライン、その製造現場でイワタニのもう1つの顔に出会えます。産業ガスが企業の生産行為に密接にかかわっている関係で、ガス供給設備とともに合理化提案やFA(ファクトリーオートメーション)導入に、イワタニは早い時期からかかわってきました。ガスによる溶接・溶断機器やレーザーを搭載したロボットライン、そのシステムの発展から塗装、組立工程、搬送までの一貫したライン構築のエンジニアリング能力を蓄積し、数多くの国内外工場で実績を積み重ねてきています。
加えて、空気圧縮機・コンプレッサーなどの空圧機器、油圧プレス、シャーリング、パンチプレスなどの鍛圧・板金加工装置、CNC旋盤、マシニングセンター、NCボール盤といった工作機械、各種組立・検査装置、包装機器や自動倉庫など物流機器に至るまで、内外メーカーとの密接なネットワークとコンサルティング能力を活かして、生産性や品質向上、環境負荷低減、省エネ、そしてコスト削減を実現するシステムエンジニアリングで製造業のさまざまな課題にお応えしています。
また、洗浄装置、排ガス処理装置などの環境設備、防災設備、電力業界など向けの脱硫、脱硝・脱炭設備、さらには製薬および食品工場向けの、環境・衛生面を重視した各種生産設備も取り扱っています。

関連サイト