岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site

産業ガス・機械事業

水素

産業用途の液化水素供給を日本で初めてスタートさせた「ハイドロエッジ」(液化水素、エア・セパレートガスを製造)
産業用途の液化水素供給を日本で初めて
スタートさせた「ハイドロエッジ」
(液化水素、エア・セパレートガスを製造)

水素ガスは、常温で無色・無味・無臭で、ガスの中でも最も軽い気体です。拡散性・還元性に優れ、有機化合物の不飽和結合部分に浸透して飽和させる性質を持っています。
これらの性質を生かして、半導体・太陽電池などのエレクトロニクス・化学・油脂・金属・ガラス・食品などの産業、また宇宙ロケットの燃料用など宇宙工学の最先端も担っています。
イワタニは水素のトップサプライヤーであり、ハンドリング技術に強みがあります。
また、イワタニは人類に限りない可能性と恩恵を秘めた水素については、「産業ガス」の側面のみならず、究極の「クリーンエネルギー」としても注目し、日本の水素技術のパイオニアとして数々のプロジェクトや社会実験を通し水素社会のインフラ整備を進めてきました。
その過程で、従来の圧縮水素に比べ、運搬効率が最大12倍という「液化水素」の可能性にいち早く着目するとともに、需要拡大を見越し、プラント建設も進めてきました。
2006(平成18)年に大阪府堺市、2009(平成21)年に千葉県市原市で液化水素製造プラントの稼働を開始し、エレクトロニクス、太陽電池分野などさまざまなお客さまへの液化水素供給を行っています。
2013(平成25)年6月から、国内3ヵ所目にあたる液化水素製造プラントが山口県周南市で稼働を開始しています。
今後、燃料電池(Fuel Cell)などのエネルギー用途での販売量拡大に向けて、さらなる水素の安定的供給に努めてまいります。

●水素の物性
化学式 H2
分子量 2.016
外観 無色・無臭の気体
ガス比重(空気=1) 0.07
性質 発火性
密度 ガス密度(kg/Nm3) 0.0898
液密度(kg/ℓ) 0.0709
融 点(℃) -259.1
沸 点(℃) -252.9
●水素の利用分野・主な用途

イメージ:水素の利用分野・主な用途
化学製品生成過程での
水素添加・合成
イメージ:水素の利用分野・主な用途
半導体・エレクトロニクス分野

利用分野
主な用途
宇宙工学
ロケット燃料、液化水素エンジン
車両燃料
燃料電池自動車、水素エンジン自動車
ガラス
光ファイバー、石英ガラス、フロートガラス
化学
アンモニア合成、肥料合成樹脂、石油製品
半導体・
エレクトロニクス
半導体、液晶、LED、太陽電池製造用
鉄鋼・機械・冶金
光輝焼鈍、金属粉末還元、プラズマ溶接、水素切断
化粧品
油脂硬化、水素添加
●供給体制
さまざまな量、スペックに対応できるよう、一般工業ガスをはじめ、高純度水素ガス、オンサイト供給設備、液化水素にいたるまで、安心してご使用いただけるシステムを全国に確立しています。
  1. 液化水素は圧縮した気体水素に比べて高純度であり、大量輸送が可能なため、水素を大量に使用するお客さまに最適です。
◇貯蔵・供給設備
貯蔵・供給設備
◇供給方式
液化水素タンク供給

液化水素タンクを設置し、液化水素ローリー・コンテナで水素を供給します。

液化水素タンク供給

液化水素コンテナー留置き供給

液化水素コンテナーを留置き、水素を供給します。

液化水素タンク供給

オンサイト水素供給

水素発生装置から供給します。バックアップ設備として液化水素タンクを設置します。

オンサイト水素供給

圧縮水素トレーラー留置き供給

圧縮水素トレーラーを留置き、水素を供給します。

圧縮水素トレーラー留置き供給

圧縮水素ホルダー供給

圧縮水素ホルダーを設置し、圧縮水素トレーラーで水素を供給します。

液化水素タンク供給

お問い合わせ先

水素ガス部

(大阪)TEL:06-7637-3458 FAX:06-7637-3307
(東京)TEL:03-5405-5932 FAX:03-5405-5636